老人性イボ遺伝

そのイボ、遺伝?!老人性イボを作らせない3つの秘密!

 

子どもの頃、母の首に茶色いツブツブがあるな〜・・・

 

と思っていたのに、いつの間にか私の首にも!

 

 

老人性イボは遺伝するのでしょうか?

 

もし遺伝なら、私は諦めないといけないのでしょうか・・・?

 

 

諦めきれないので、調べてみました。

 

 

 

 

老人性イボには2種類ある!

 

 

老人性イボと一口に言っても、
原因・大きさ・色などからいくつもの種類に分かれています。

 

わかりやすくするために、ここでは代表的な2種類を説明いたします。

 

 

「私の首にあるのは、ひょっとしてイボ?」と思っている方、要チェック!

 

 

1.老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

 

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)とも呼ばれています。

 

出現場所:目元、首、胸

 

色:茶色っ ぽい

 

特徴:突起するイボもある

 

 

 

 

2.アクロコルドンまたはスキンタッグ 

 

 

大きさ:1〜3ミリ 

 

出現場所:皮膚の柔らかいところ(首、胸、脇の下)

 

色:肌色、黒、褐色 

 

特徴:20代でも出る

 

 

 

「老人性」イボと呼ばれていますが、
20代で出てくる老人性イボもあります。

 

 

若いからと言って油断している場合じゃありません。

 

 

 

老人性イボは遺伝する?

 

 

この質問の答えはNoでもありYesでもあります。

 

厳密に言うと、イボを遺伝させる遺伝子はまだ見つかっておらず、

 

従って「老人性イボは遺伝する」とは証明されていません。

 

 

 

しかし、老人性イボを誘発しやすい「体質」は遺伝すると言えます。

 

 

例えば、活性的なメラニン細胞は遺伝することもあり、
代表的な例がソバ カスです。

 

 

ソバカスは大人になれば薄くなりますが、紫外線対策を怠ると、
やがてシミになり、シミが盛り上がり老人性イボになることがあります。

 

 

 

この他に、遺伝すると言われている
「老人性イボになりやすい体質」には、次のことが挙げられます。

 

 

・毛穴の大きさ

 

・皮脂分泌量  

 

・男性ホルモンが多い

 

・代謝機能が低い

 

・肌が乾燥しやすい 

 

・免疫が落ちやすい

 

 

 

遺伝だからと諦めない、3つの理由とは?

 

遺伝は自分の努力で変えようはありませんが、
諦めるのは、まだ早い!老人性イボを作らない工夫をしましょう。

 

 

1.紫外線対策 

 

外出する時はUVクリームをつけたり、帽子や日傘を利用しましょう

 

 

2.生活習慣 

 

睡眠不足によるホルモンバランスの乱れや 、
栄養の偏った食事は、老人性イボへの近道になってしまいます。

 

忙しくて睡眠時間を確保できない時、
却ってそのことがストレスになってしまいますよね。

 

そんな時は、肌触りのいい寝具を選んだり、
寝る前にストレッチをして、「質の高い」睡眠にすれば大丈夫ですよ。

 

 

 

3.スキンケア

 

食事で体の内側からきれいにするだけでなく、
ヒアルロン酸やあんずエキスを配合したクリームで毎日スキンケア!

 

外側からも肌を強くし、紫外線や外的刺激から肌を守ることが大事!

 

 

 

 

老人性イボの体質になんかには負けない!

 

 

老人性イボができやすい体質は、
遺伝する可能性がありますが、対策はいくらでもあります。

 

 

食生活や睡眠時間を変えるのは難しいのですが、
まずは日焼け止めクリームから始めましょう。

 

これなら、とっても簡単!

 

 

メイクの上からつけるスプレータイプを玄関先に置いておけば、
外出する時の付け忘れもありません。

 

 

洗面所に保湿ジェルを置いておけば、
お風呂上りの清潔な肌をすぐに保湿できます。

 

 

「どうせ遺伝だから・・・」と諦める必要はありません!

 

 

      

 

老人性イボ対策コスメなら!